赤ちゃんの会話はいつから??【うちの子は遅いかもと心配】

赤ちゃんの会話はいつから??

本記事で紹介する内容
1.赤ちゃんの会話は「いつから」
2.会話が始まる時期は「兄弟でも違う」【我が家の3人のケースについて紹介】
3.会話が遅い…「考えられる原因」
4.赤ちゃんの「会話を早めるコツ」
5.会話が遅れる原因は「病気」

赤ちゃんが「いつから会話するか」は楽しみですが、心配の種でもあります。

自分の子と同じ月齢の赤ちゃんが会話しているのを見ると、

「うちの子は、成長が遅いかも?」

と不安になることでしょう。

赤ちゃんの言葉の成長には「個人差」があります。目安はありますが、それより「早い子」もいれば「遅い子」もいます。

私の経験も交え、赤ちゃんの「会話を早めるためにできること」を紹介します。

1.赤ちゃんが会話できるのは
「いつから」?【月齢別の目安】

まずは、月齢別の赤ちゃんの「会話が始まる目安」を確認しましょう。あくまでも平均的なものですが、平均より早いか、遅れているかの参考になります。

【生後~】息が漏れる

口から息が漏れて、

  • 「うー」
  • 「あー」

「母音」を発する時期です。自分の意志で出している段階ではありません。

【生後4~5ヶ月】喃語なんごが始まる

赤ちゃんが初めて自分の意志で発する言葉を喃語なんごと呼びます。自分の意志で出するのは「子音が含まれる」この時期からです。

バリエーションは少なめですが、会話をしている実感が湧き、嬉しくなります。

喃語なんごのバリエーションには、

  • 「まー」
  • 「ぱー」
  • 「ぶー」
  • 「だー」

などがあります。

【生後6~7ヶ月】「まーま」などと言う

離乳食を始めた赤ちゃんは「口周りの筋肉」が発達し、声が出やすくなります。

赤ちゃんが口にしやすい言葉は、

  • 「まーま」
  • 「ぱーぱ」

です。

それぞれ「ママ」「パパ」に聞こえるので

「赤ちゃんに呼んでもらえた!」

と、幸せな気持ちになれます。

【生後8~9ヶ月】
「言葉のバリエーション」が増える

子音の発音が上手になり「使える言葉のバリエーション」が増えます。

「まーま」「ぱーぱ」だけでなく、ママの「口真似」もするようになります。言葉の基礎が作られる時期と言えるでしょう。

【生後10~11ヶ月】
「自分の意志」を伝え始める

使える言葉はそれほど増えませんが、自分の気持ちを伝えたい時には「意志をもって」言葉を発します。

「会話」という意味で言えば、この時期からが赤ちゃんとの会話と言えるでしょう。

2.会話が始まる時期は、兄弟でも違う?【我が家の3人の子のケース】

会話ができるようになる時期は、赤ちゃんによって「個人差」があります。それは兄弟でも同じです。

我が家の3人のケース(見事に「全員バラバラ」)を紹介します。

【第1子】「長女」のケース

会話の始まりは「遅め」でした。しかし、ある時期から、きっかけを掴んだように「一気に語彙が増えました」

  • 「9ヶ月頃」まで成長は平均的
    (※口数は喃語なんごの頃から少なめ)
  • その後、成長が「ゆっくり」
  • ある時期から「一気に語彙が増え」
    しっかり話すように

【第2子】「長男」のケース

長女の存在のおかげか「自己主張」が強く、会話の始まりが3人中一番早かったです。

  • 「4ヶ月頃」から声を発しようとする
  • 「言葉の覚え」が早い
  • 「1歳半頃」で会話が成り立つ

【第3子】「次女」のケース

一番のおしゃべりですが、2歳の今も「スムーズに話せません」

単語は覚えてきたため、あとは会話としての繋がりを待つ状態です。

  • 「小さな時」から言葉を発していた
    (どうやら、声を出すのが好きなだけ)
  • 語彙がなかなか増えず、心配
  • 「2歳」になった今になって、
    ようやく単語を覚えてきた

3.周りより会話の始まりが遅くて心配…
「考えられる原因」は?

個人差があるとはいっても、会話が遅いと心配になると思います。

赤ちゃんの会話の始まりが遅くなる「原因として考えられる例」を紹介します。

【原因1】構ってあげられていない

赤ちゃんが「会話」を始めるためには、日頃から「コミュニケーションをたくさん取る」必要があります。

忙しいと、時間確保が難しいですが、会話が成り立たない時期からも、

  • 「目」を見る
  • 「いろいろな表情」を見せる
  • 声を聞きながら「撫でてあげる」

など、短時間でも「コミュニケーション」を取りましょう。

【原因2】「テレビ」「スマホ」への依存

「テレビ」「スマホ」には、「赤ちゃん向け番組」「アプリ」があり、内容が充実しています。

しかし、それらは主に「一方向(受信のみ)」です。誰かとの「双方的(送信・受信)のコミュニケーション」がなければ、会話力は身につきません。

4.赤ちゃんの会話を早める
「効果的なコミュニケーションのコツ」

赤ちゃんの会話の始まりを早める「効果的なコミュニケーションのコツ」を紹介します。

【コツ1】相槌あいづちをうつ

双方向のコミュニケーションを成り立たせるためには相槌あいづちをうつ」(聞いていると伝える)ことが必要です。

  • 「目を見て」頷く
  • 「そうなんだ」などと声掛けをする

など、反応をしてあげると、赤ちゃんはもっと話したくなるため、上達が早くなると考えられます。

【コツ2】「絵本」を読み聞かせる

「絵本」は赤ちゃんの

  • 感受性を豊かにする
  • 語彙力を増やす

 

効果が期待できます。

1歳前の赤ちゃんは、内容を理解できず、大人しく聞けないかもしれません。しかし、絵本を読んでもらうと、徐々に言葉を聞くのが楽しくなります。

「おもしろいね」

など、声を掛けながら読んであげましょう。

【コツ3】たくさん話しかけて
「言葉をためて」あげる

話せば話すほど、赤ちゃんの中に「言葉」が溜まります。今はまだできなくても、いつかは溜まった言葉が溢れて「会話」できるようになります。

たくさん話しかけて「言葉を溜めて」あげてくださいね。

5.会話が遅くなる病気のチェック方法

赤ちゃんの会話の始まりが遅いと「病気かも?」と心配になるかもしれません。

赤ちゃんの会話が遅くなる「代表的な病気」を紹介します。焦る心配はありませんが、症状が続く場合は、必要に応じて医師に相談してください。

(1)「耳が聴こえない」場合

「耳が聞こえない」場合、赤ちゃんの会話の始まりが遅くなる可能性があります。

原因として考えられるのは滲出性しんしゅつせい中耳炎ちゅうじえんという病気です。

  • 耳の内側から出る液体が溜まり、
    耳が「聞こえにくくなる」
  • 「痛みがない」
  • 赤ちゃんが「違和感を訴えない」

ことから「気づきにくい病気」です。

特に、下記に当てはまる場合は、注意が必要です。

  • 呼んでも「反応がない」
  • よく「耳を触る」
  • 声が「大きい」

(2)「言葉として理解できない」場合

「発達障害」も原因の1つとして考えられます。その中でも、会話の始まりが遅くなる原因として疑われるのが「自閉症」です。

耳は聞こえていても「言葉を理解できない」ため、会話が成立しない状態です。

下記に当てはまる場合「自閉症」の可能性があり、注意が必要です。

  • 乳児期間を過ぎても、
    「睡眠リズム」が整わない
  • 抱っこをしても、
    激しく「泣き叫んで嫌がる」
  • オムツがグッショリでも、
    「まったく気にしない」

まとめ(会話の始まりには大きな個人差があります。大切なのは「焦らないこと」)

会話の始まりが周りの子よりも遅いと、

「うちの子は、成長が遅いのかも?」
「何かの病気かも?」

と心配になると思います。しかし、大切なのは「焦らないこと」です。

赤ちゃんの会話の成長には目安があるものの、実際は「個人差」があります。我が家のように「兄妹」でも、違いが出るのは珍しくありません。それも「赤ちゃんの個性」と言えるでしょう。

無理に会話をさせようとしても、赤ちゃんにとっては負担かもしれません。

赤ちゃんごとのタイミングが来れば、いっぱいおしゃべりしてくれるようになります。「気長に待って」あげてくださいね。

「夜泣き対処法」で困るママへ
「夜泣き対処法」を知りたい!
夜泣きはいつまで?もう限界!
赤ちゃんが「寝てくれずイライラ」
泣く赤ちゃんを「ほっとく」のは?

「夜は泣かないけど、朝泣く」に場合

赤ちゃんが朝方泣くので困る!