コールセンター発信はきつい?【その理由と仕事の心構え】

コールセンター発信はきつい?

本記事で紹介する内容
1.「コールセンター発信」がきつい理由
2.発信に「向く人」「向かない人」
3.コールセンター発信の「心構え」

コールセンターの発信の仕事は、

  • 「顔が見えない相手」
    次々と電話をかける
  • 「成果」を求められる

ため、きつい仕事です。

しかし、仕事ですので、きつくても頑張らなければいけない部分もあります。

コールセンターの仕事が「きつい理由」「その乗り越え方」を説明します。

1.「コールセンター発信」がきつい理由

コールセンター発信がきついのは、

「普段の生活で体験しないことの連続」

だからです。

慣れないうちは、顔が見えない相手に、次々と電話をかけることに疲れます。「他人と自分の成果」を比べ、落ち込みます。

コールセンター発信の仕事には「精神力の強さ」が求められるのです

【理由1】「突然」「一方的」
営業電話だから

コールセンター発信がきつい最大の理由は、

「電話を歓迎するお客さんがいない」

からです。

歓迎されないだけなら、まだ良い方です。時には、怒られます。

仕事として電話したのに、怒られては、たまったものではないですよね。

ただし「急にかかってくる招かざる電話」と考えると納得できます。

  • 「見ず知らずの人」から
  • 「こちらの都合」に関係なく
  • 「一方的」に営業される

それを嬉しいと感じる人はいないでしょう。

コールセンター発信の仕事は、最初から「きつい」ことが決まっているのです。

【理由2】目標を達成できないと
「自己嫌悪」に陥るから

コールセンター発信の仕事の多くは、

  • 契約獲得
  • アポイント

を目標とした「営業電話」です。

そのため「成果」を求められます。

  • ノルマを達成できないと、
    「焦り」ます
  • ノルマがなくても、
    目標にまったく届かないと、
    「怒られ」ます
  • 怒られなくても、
    周囲が成果を上げる中、
    成果を上げられないと
    「気まずい」です

挫折感を感じ「自己嫌悪」に陥りやすくなります。

「自分で自分を責めて、精神的に苦しむ」

のがコールセンターの仕事です。

【理由3】「覚えること」が多いから

コールセンターの仕事には「マニュアル」があり、それさえ覚えられたら簡単です。

しかし、スムーズに対応できるまでには、時間がかかります。お客さんの反応ごとに対応が変わりますので「覚えること」は多くあります。

【理由4】「臨機応変さ」も必要だから

  • 「マニュアル」はどれを使えばよいか
  • 「怒られた場合」はどうすればよいか

など「臨機応変な対応」が求められます。

相手の顔が見えないため、判断材料が乏しく、対応には経験が必要です。

コールセンターの仕事は、上手にできるまでに時間がかかり「きつい」と感じるでしょう。

2.発信に「向く人」「向かない人」

コールセンター発信の「向き」「不向き」は性格と直結します。

向いている人は、さほど苦労せず続けることができます。しかし、向いていない人は、どれだけ時間をかけても「きつい状態」から抜け出せません。

(1)発信に「向いている人」

  • 「気持ちの切り替え」が早い人
  • 「言われたこと」
    きっちりこなせる人
  • 「別の自分」を演じられる人

コールセンター発信の仕事は「怒られることの連続」です。いちいち気にしていては、務まりません。

1つ失敗しても、気にせず次に向かえる「気持ちの切り替えが早い人」の方が向いている仕事です。

仕事は仕事と割り切って「違う自分」を演じてでも、きちんと仕事をこなすことができる人に向いています。

(2)発信に「向いていない人」

  • 「落ち込みやすい」
  • 「まじめ過ぎる」
  • 話すことより「聞く方」が得意な人

コールセンターの発信の仕事は、日常的に「傷つく」仕事です。その度にクヨクヨしていては、心が持ちません。

落ち込みやすい人は、耐えられないでしょう。

  • お客さんの説教を
    「まともに受け止める」
  • 仕事に「責任感を持ち過ぎる」

など、まじめな人も負荷に耐えられません。

コールセンター発信は「一方的にまくしたてる営業」が圧倒的有利です。聞き上手な営業スタイルの人とは相性が悪い仕事です。

3.コールセンター発信の「心構え」

「可能な限り、全力で仕事をしたい」

という気持ちは素晴らしいものです。

頑張りたいあなたに、コールセンターの仕事での「心構え」をお伝えします。

しかし、あくまで仕事は仕事です。一番大切なのは「自分自身」ということは忘れないでください。

【心構え1】「誠実な対応」をする

コールセンターの仕事は、相手の顔が見えないからこそ「誠実な対応」が必要です。

相手も人間ですので、誠実に対応できれば、きつい対応をされる確率を大きく下げられます。

成果ももちろん大切ですが客商売には、誠実さが大切」ということに気づくと思います。

【心構え2】「感情的」になりすぎない

コールセンター発信の仕事に「素の自分」で臨むのは危険です。

怒られたり、無視されたりすることが続くと、心は確実に疲弊します。その時、自分の感情が強過ぎると「自分が否定されている」と感じます。

仕事を長く続けるには

「怒られているのは会社であって、
自分ではない」

と考えることも必要です。

【心構え3】「怒られても死なない」と考える

当たり前ですが、人は仕事で怒られたくらいでは「死にません」。コールセンターで毎日きつい思いをしていると、忘れてしまいます。

繰り返しますが、仕事で何かあったところで「命は取られません」

そう考えると、仕事に恐怖を感じる必要はありません。

【心構え4】慣れない場合は「すぐ辞める」

コールセンターの発信の仕事をしばらくやっても慣れない場合は、向いていません。「辞める」ことをおすすめします。

仕事を最後までやり通す気持ちは素晴らしいことです。しかし、コールセンター発信の仕事は「向き、不向き」の差が大きく出ます。無理に続けてもきついだけです。

仕事は、他にいくらでもあります。ある程度で見切りをつけましょう。

まとめ(コールセンター発信の仕事ができる人はどこでも通用する)

コールセンター発信の仕事は「とてもきつい」ものです。

慣れるまでに時間がかかりますし、慣れたからといって仕事は楽になりません。

だからこそ、そのきつい仕事をこれまで続けてきた「あなたの仕事スキル」は、非常に高いものです。

コールセンターの仕事をできた人は、この先どんな仕事に就いても通用するはずです。

今後就く仕事も、うまく乗り越えていけるでしょう。

「人生の選択」で迷うママへ
「妊娠後のお金」について知りたい!
妊娠後パート仕事はいつまで続ける?
妊娠後、仕事を辞めるとお金が…

「望まない妊娠」をしたら・・・

赤ちゃんをおろせるのはいつまで?

「育休・産休手続き」を知りたい!

産休と育休の手続き一覧を徹底解説!