布団上げ下ろしの時短アイデア【面倒な方必見!】

布団上げ下ろしの時短アイデア

本記事で紹介する内容
1.布団の敷きっぱなしは、「デメリット」だらけ
2.布団の「正しいしまい方」のポイント
3.布団の「上げ下ろし」を楽にする方法

「ベッドより、布団派」という方も多いのではないでしょうか?

でも、

「毎朝、布団をしまうのが面倒・・・。」
「時間がなくて、つい敷きっぱなしにしてしまう・・・。」

という方も多いはず。

そんな方にオススメしたい、便利なアイデアをご紹介します!

1.布団の敷きっぱなしは、
「デメリット」だらけ!

ついつい面倒でやってしまう布団の敷きっぱなし。でも、こんな「デメリット」があることは、ご存知でしたか?

【デメリット1】掃除の時、「邪魔」になる

布団は、部屋の大半を占めてしまいます。きちんと掃除機をかけなければ、部屋の隅々まで掃除できません。部屋のホコリも、布団に被ってしまいます。

【デメリット2】「カビ」「ダニ」の発生

「人間は寝ている間に、コップ一杯分の汗をかく」

といいます。

布団を敷きっぱなしにしていると、その湿気がこもります。そのままにしておくと、やがて布団に「カビ」が生え、「ダニ」も繁殖します。

「カビ」や「ダニ」が繁殖すると、ハウスダストが増え、アレルギーを起こしてしまう可能性もあります。

【デメリット3】「床」を傷める

床にカビが生えてしまうと、大変です。

「賃貸のフローリングにカビを生やしてしまい、
 多額の修復費用がかかってしまった・・・。」

という怖い話もあります。

2.布団の「正しいしまい方」のポイント

布団を正しく押し入れにしまう5つのポイントを紹介します。

【ポイント1】「熱」や「湿気」を飛ばす

布団の「熱」「湿気」を取ってから、押し入れにしまいましょう。熱や湿気をとるには、次の3つの方法があります。

【方法1】起きてすぐは「畳まない」

起きてすぐ布団をたたむと、熱や湿気がこもってしまいます。少なくとも、30分~1時間は布団をめくって放置しましょう。

【方法2】「布団乾燥機」を使う

「布団乾燥機」の使用はおすすめです。使用した際は、布団が冷めてからたたみましょう。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

【方法3】布団を「干す」

天気の良い日は、積極的に布団を干しましょう。

干す時間は、太陽の位置が高い「10時~15時」がおすすめです。外に出さなくても「布団用物干しスタンド」に干すだけでも湿気を取れますよ。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

【ポイント2】布団を「たたむ」

  • 敷布団は、Z字型に「三つ折り」
  • 掛け布団は、「四つ折り」

が基本です。押し入れのサイズに合わせて、たたみましょう。

【ポイント3】押し入れの「上段」にしまう

押し入れの下段は湿気が溜まりやすいため、上段にしまうようにしましょう。

壁との間に隙間を空けて、空気の通り道を作るのがポイントです。下段にしまう場合は、「すのこ」を敷きましょう。

【ポイント4】重い寝具を下にして収納

軽い寝具が潰れないように一番重いものから

  1. 敷布団(※一番重い)
  2. 掛け布団
  3. 毛布

の順にしまいます。

【ポイント5】押し入れの「除湿」も忘れずに

定期的に押し入れの戸を開けっ放しにして、中の空気を入れ換えましょう。その際、押し入れの中に「扇風機」で風を送ると効果的です。市販の「除湿剤」を置いておくのもおすすめです。

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
created by Rinker
備長炭ドライペット

3.布団の「上げ下ろし」を楽にする方法

「布団を、しまう時間がない!」
「重い布団を、持ち上げるのが大変!」

という方には、こんな方法がおすすめです。

(1)楽に収納する

【方法1】キャスター付「すのこ」を使う

押し入れの下段に布団をしまう場合は、キャスターが付いた「すのこ」が便利です。たたんだ布団を乗せて、そのまま押し入れの中にスライドさせれば、楽に片付けられます。

「すのこ」を使用することで、湿気がこもるのも防げて、まさに一石二鳥ですね。

キャスター付すのこ
㈱アイビーシー

【方法2】「ラック」や「布団収納袋」に入れて、
クローゼットへ収納する

布団は、クローゼットに収納することもできます。「キャスター付のラック」を使用すると、床と布団の間に空間ができ、湿気がこもりません。片付けも楽ですね。

また、敷布団を立てて収納すると、幅を取らないのでおすすめです。オフシーズンの寝具も立てて収納するいいですよ。

created by Rinker
アストロ

(2)日中は「ソファー」として使う

日中は、布団を「ソファー」として利用しましょう。下に、「すのこ」を敷いて、高さを出すことも可能です。ソファーを買い足す必要がないのも嬉しいですね。以下の方法があります。

【方法1】「大きい布」をかける

たたんだ敷布団にシーツ用の布をかければ、あっという間に「ソファー」へ変身。敷布団の上げ下ろしから解放されるだけで、ずいぶん楽になりますよ。

壁際に配置して、「クッション」を置けば、寄り掛かりやすくもなります。

【方法2】「ソファーになる布団収納袋」を使う

「ソファーになる布団収納袋」が市販されています。布をかけるより、しっかりとしたソファになりますよ。

敷布団を座面、掛け布団を背もたれとして使えるように、セットになっているものがおすすめです。

created by Rinker
BELLE MAISON(ベルメゾン)
created by Rinker
クォーターリポート(Quarter Report)

まとめ(便利な「アイデア」や「アイテム」
を使ってストレスから開放されよう)

布団の上げ下ろしは朝から重労働ですが、敷きっぱなしにするといろいろなデメリットがあります。

便利な「アイデア」や「アイテム」を使って、「布団の上げ下ろしストレス」から解放されましょう!

「時短アイデア」を知りたいママへ
「捨てられないものを捨てる」には?
「捨てにくい物」を捨てる方法

「効率化のアイデア」を知りたい!
押し入れ収納のアイデア5選!