はちみつパックでニキビ悪化?注意点とは?【原因と対処法】

はちみつパックでニキビ悪化?

本記事で紹介する内容
1.「ニキビができる原因」とは?
2.はちみつパックの「2つの期待される効果」
3.はちみつパックで「逆にニキビが悪化?注意点とは?」
4.はちみつパックの「正しいやり方」
5.はちみつパック以外の「ニキビ改善方法」

下記で紹介しているのは目安です。迷った時は、病院に行って「医師の判断」を受けましょう

ニキビに直接はちみつをパックすると、

  • 「ニキビ」が改善し
  • 「プルプル」「ツヤツヤ」になる

と評判のようです。

はちみつは、「リップ」「トリートメント」などの保湿ケア用品として、よく販売されていますが、ニキビ改善にも効果があると言われています。

1.「ニキビができる原因」とは?

「ニキビができる原因」とは?

【原因1】「皮脂」が毛穴に詰まる

ニキビは、皮脂分泌が多い「おでこ」「鼻」によくできます。

洗顔をしても、

  1. 「残った皮脂」が毛穴に詰まる
  2. その皮脂をエサにして「菌」が繁殖する
  3. さらに「ニキビ」ができる

悪循環に陥ります。

【原因2】乾燥による、
「肌の皮脂分泌」の活発化

かといって、皮脂を無くそうと、何度もゴシゴシと洗顔しても、

  1. 「肌」が乾燥する
  2. 乾燥を防ぐために、「肌」が皮脂分泌を活発化する
  3. さらに「ニキビ」ができる

悪循環に陥ります。

【原因3】思春期の
「ホルモンバランス」の乱れ

思春期の「ホルモンバランス」の乱れ
思春期のホルモンバランスの乱れもニキビができる原因です。

心と体が大きく変化する思春期は、性別に関係なくホルモンが活発化し、ニキビを作ります。

【原因4】学校や職場での
「ストレス」

学校や職場でのストレスによって、体内に活性酸素が発生し、ニキビができることもあります。

【原因5】その他(紫外線、
インスタント食品、スナック菓子)

その他、

  • 「紫外線」を浴びたり
  • 「脂っこい食べ物・お菓子」を食べたり

しても、皮脂分泌が活発になると言われています。

手軽に食べられる「インスタント食品」「スナック菓子」には、油分も多く含まれているため、食べ過ぎに注意しましょう。

【まとめ】ニキビの原因として考えられるもの

  1. 「皮脂」が毛穴に詰まる
  2. 乾燥による「肌の皮脂分泌」の活発化
  3. 思春期の「ホルモンバランス」の乱れ
  4. 学校や職場での「ストレス」
  5. その他「紫外線」「インスタント食品・スナック菓子」

2.はちみつパックの「2つの期待される効果」

はちみつパックの「2つの期待される効果」

【期待される効果1】「保湿」効果

はちみつには、優れた保湿効果を持つ「アミノ酸」が含まれています。そのため、はちみつを使用した化粧品医薬品も多く販売されています。

ニキビに直接はちみつを塗ると、

  • 肌の乾燥を防ぎ、
  • 肌の角質を潤った水分で満たしてくれる

と言われています。

毛穴に詰まった皮脂を洗い流した後に、はちみつパックでニキビ肌を保湿してあげましょう。

【期待される効果2】「殺菌」効果

はちみつには、

  • 水分を吸収すると「過酸化水素」を発生させ、
  • 強力な殺菌効果を発揮すると言われる
    「グルコースオキシダーゼ」が含まれています

殺菌のために、はちみつを使用する病院もあるほどです。

はちみつには、

  • 「ニキビ」を悪化させずに、
  • 「ニキビの原因菌」を殺菌する

効果もあると言われています。

3.はちみつパックで「逆にニキビが悪化?注意点とは?」

【注意点1】はちみつに含まれる
「花粉」

ハチが取ってくるのは、花の蜜だけではありません。密を取る時に付着した花粉も、はちみつの中に入ってしまいます。

もちろん、出荷時に不純物は取り除かれますが、小さな花粉は、はちみつに残ることが多くあります。

はちみつに含まれる花粉には、

  • 「アカシア」
  • 「菜の花」
  • 「クローバー」
  • 「ソバ」

を含むものもあります。花粉により、ニキビが悪化し、アレルギーを発症する可能性もあるのです。

ニキビパックした時、かゆみ違和感がある場合は、すぐにはちみつパックの使用を中止しましょう。

心配な場合には、パックする前に、体の目立たない箇所でパッチテストを行うのもおすすめです。少量から試してみましょう。

【注意点2】安価な「低濃度はちみつ」

はちみつの中には、

  • 中国産
  • 100均の商品

など、安く販売されているものもあります。これらは、水あめなどの糖類を加えて、栄養を薄めたものと言われます。

薄いはちみつを使ってパックしても、

  • 栄養が少なく、
  • 保湿・殺菌効果は期待できない

と言われています。注意しましょう。

4.はちみつパックの「やり方」

外から帰ってきた直後の、汚れた素肌にパックすると、はちみつの効果が半減してしまうと言われます。洗顔後の綺麗な素肌に、はちみつパックすることが大切です。

はちみつパックやり方は、次のとおりです。

  1. 「大さじ1杯のはちみつ」を、手のひらに置く
  2. はちみつを「顔全体」に薄くなじませる
  3. 「5分」置く
  4. はちみつが残らないように、
    「ぬるま湯」で顔全体を洗い流す

ポイントは「4」で、

「はちみつが毛穴に詰まらないように、丁寧に洗い流す」

ことです。パック後には、肌がしっとりと潤い、ニキビができにくい肌になると言われます。

5.はちみつパック以外の「ニキビ改善方法」

ニキビに直接塗って栄養を与える「はちみつパック」以外にも、ニキビの改善方法があります。

【他の改善方法1】肉から
「ビタミンB2」をとる

  • レバー
  • 豚肉

に多く含まれる「ビタミンB2」は、皮脂分泌を抑え、肌の状態を整える効果があると言われています。

【他の改善方法2】魚から
「ビタミンB6」をとる

  • かつお
  • まぐろ

などに多い「ビタミンB6」は、皮膚炎や口内炎を予防し、ニキビができにくい肌作りをしてくれると言われています。

【他の改善方法3】野菜から
「ビタミンA」をとる

  • ニンジン
  • かぼちゃ

に多く含まれる「ビタミンA」は、肌のターンオーバーを促進してくれると言われています。

【他の改善方法4】果物から
「ビタミンC」をとる

  • いちご
  • キウイ

などの果物に多く入っている「ビタミンC」には、ニキビの炎症抑制効果があると言われています。

  • 野菜
  • 果物

など、栄養バランスの取れた食事で、体の中からきれいにして、ニキビ改善をしましょう。

6.まとめ(ニキビ改善には外側からのケアだけでなく、内側からのケアも必要)

ニキビ改善には外側からのケアだけでなく、内側からのケアも必要

ニキビを改善するには、

  • はちみつパックによる体の外側からのケアだけでなく
  • 栄養バランスの取れた食事による内側からのケアも大切

です。

また、学校や職場でのストレスは、

  • 体内に活性酸素を発生させ
  • ニキビを悪化させると

言われています。

 

  • 「好きな音楽」を聴いたり
  • 「お風呂」にゆっくり浸かったりして

ストレスを溜めないように「リラックス」して過ごしましょう。

上記で紹介しているのは目安です。迷った時は、病院に行って「医師の判断」を受けましょう

「アレルギー・ニキビ」のママへ
「ニキビ改善方法」を知りたい!
あなたはどれ?ニキビ種類診断

「炎症を抑えるお茶」について知りたい!

炎症を抑えるお茶の私の体験談
おすすめルイボスティメーカー