気管支を広げる飲み物とは…?【咳が長引く時に効果的!】

気管支を広げる飲み物とは…?

本記事で紹介する内容
1.気管支を広げる「飲み物3選」
2.咳に良くない「意外な飲み物」
3.咳のストレスが「さらなる咳に」

一般的に、咳を止めるには、病院で処方される「気管支拡張薬」という薬を使います。次の3つの種類があります。

  1. 「口から吸入」する薬
    (即効性あり)
  2. 「テープを貼る」
    (即効性なし、効果は1日続く)
  3. 「内服」
    (即効性なし、副作用に要注意)

病院に行く時間があれば、医師に見てもらって適切な薬を処方してもらうのが一番です。

しかし、それが難しい場合や軽度な場合は「気管支を広げる飲み物を試す」という手段もあります。

1.気管支を広げる「飲み物3選」

気管支を広げる効果がより期待できるのは「温かい飲み物」です。

気管支を広げる効果が期待される、飲み物を3つを紹介します。

(1)コーヒー

咳が長引く人の気管支は、

  • 「気道」が狭い
  • 「粘膜」に強い炎症が多い

という特徴が見られます。

コーヒーに含まれるカフェインには、「抗炎症作用」があり、症状を落ち着かせ、咳を緩和します。

苦いブラックコーヒーが苦手な場合は「ハチミツ」を入れましょう。ハチミツにも、炎症を抑える効果が期待されます。

(2)ココア

ココアには、カフェインの他にも、自律神経を整えてくれる「テオブロミン」という成分が含まれます。

気管支を広げながら、気持ちも穏やかにしてくれます。

(3)ハーブティ

ハーブには「殺菌作用」があり、喉の炎症を抑え、気管支を広げる効果が期待されます。

代表的なハーブには、

  • タイム
  • マレイン
  • ワイルドチェリー

などがあります。

ハーブティー オーガニック お試しセット×5袋
ナチュラルショップ なごみ

ハーブの味が苦手な場合は「うがい薬」として使うのもよいでしょう。

おすすめルイボスティメーカー【目的別の選び方・飲み方】
油を分解しやすくする飲み物!油モノの怖さと身体への影響

3.咳に良くない「意外な飲み物」

まず「冷たい飲み物」は気管支を刺激し、咳が出やすくなるため「逆効果」です。温かい飲み物を飲むようにしましょう。

「炭酸飲料」も、気道を狭くし、咳を呼んでしまいます。

「風邪には、ビタミンCが1番!」・・・と

  • オレンジ
  • ミカン
  • ユズ
  • グレープフルーツ

などの「柑橘系の飲み物」を飲んでしまいがちですが、酸味が喉を刺激し、咳の症状を悪化させます。

これらは、飲むのは控えておきましょう。

3.咳のストレスが「さらなる咳に」

咳が続く要因の1つとして「ストレス」も考えられます。

「咳を止めたい…」

と思うほど余計に咳が続く場合があります。

  • 「夜眠れない」
  • 「不安」が続く
  • 「熱」がないのに咳が続く
  • 「咳止め薬」を飲んでも効果がない

の場合「ストレス性の咳」かもしれません。

ストレス要因を取り除き、リラックスして過ごすと、咳が収まる場合があります。

まずは「深呼吸」をして落ち着きましょう。アロマを使うのも良いでしょう。

まとめ(気管支を広げるのには温かいコーヒー、ココア、ハーブティがおすすめ)

気管支を広げ、咳を抑える効果が期待されるのは、

  • コーヒー
  • ココア
  • ハーブティ

など「温かい飲み物」です。

咳が続く原因として「ストレス」もあります。起きた時や寝る前など、1杯のコーヒーやココアで「気分を落ち着かせる習慣」を続けてみるのもよいでしょう。

「アレルギー・ニキビ」のママへ
「ニキビ改善方法」を知りたい!
あなたはどれ?ニキビ種類診断
はちみつパックでニキビ悪化?

「炎症を抑えるお茶」について知りたい!

炎症を抑えるお茶の私の体験談
おすすめルイボスティメーカー