【休日になると無気力で眠い】やる気を取り戻す3つの方法

【休日になると無気力で眠い】

本記事で紹介する内容
1.休日が無気力で眠い「3つの原因」
2.無気力&眠さの「3つの対処法」
  • 休日は「眠気」がひどく、寝たきり
  • 平日は頑張れるのに、日は「無気力」
  • 「ダラダラ」と1日が終わってしまう

このような症状で悩んでいませんか?

ひどくなると、平日にも支障が出ることがあります。

  1. 体を「休ませる」
  2. 脳を「活性化させる」
この「2つのバランス」をうまく取ることで、症状は改善できます。

休日だからこそ、

 メリハリのある「充実した1日」

を手に入れましょう。

1.休日が無気力で眠い「3つの原因」

休日が無気力で眠い「3つの原因」

まずは、休日に無気力で眠くなる原因について確認しましょう。

【原因1】体に蓄積された「疲労」

体に疲労が蓄積していると、十分な活動ができず、

  • 眠気
  • 無気力

に繋がります。休息を取り、活動できる体にしましょう。

疲労には、次の「2種類」があり、それぞれ対策が必要です。

(1)「肉体」疲労

  • 体が重い
  • 肩こりがひどい

など、家事や仕事で、日々の疲れが蓄積しているかもしれません。「規則正しい生活」を送り、疲れをためないことが大切です。

「デスクワーク」の方も要注意です。

長時間同じ姿勢でいると、

  • 「体」に負担がかかる
  • 「血行」が悪くなる
  • 「体調」が回復しにくくなる

と言われています。

(2)「精神」疲労

「精神」疲労

  • 一人で「抱え込んでしまう」
  • 言いたいことが「言えない」
  • 限界まで「がんばる」

「気持ちの問題」と軽く考えていると、メンタル不調に繋がります。

特に、

  • 「仕事」でも「我慢」
  • 「家庭」でも「我慢」

という状況は「かなり危険」です。

時には、感情を表に出して、悩みを打ち明けることも必要です。

【原因2】「自律神経」の乱れ

自律神経が乱れると、

  • 「自分」をコントロールできない
  • 「体調」が悪い
  • 「気持ち」が不安定

などの症状が出ます。

ひどくなると、常に

  • 「無気力」が続く
  • 「だるさ」が取れない

など、日常生活にも支障が出ます。

自律神経の乱れ

自律神経の乱れる「主な原因」として、

  • 「ストレス」の蓄積
  • 「ホルモンバランス」の乱れ
    (妊娠、思春期、加齢など)
  • 「不規則な生活」
    (バランスの悪い食事、
    運動不足、慢性的な睡眠不足など)

が考えられます。

【原因3】「平日」と「休日」のギャップ

休日は「平日の激務からの開放感」(ギャップ)により、

  • 「力」が出なくなる
  • 「充実感」を得られない
    (「家庭内の役割」など)
  • 「常に」頑張り続けていないと不安

などを感じることがあります。

2.無気力&眠さの「3つの対処法」

【対処法1】「規則正しい生活」をする

無気力&眠さの「3つの対処法」

「良い生活習慣」が体の休息につながります。

休日も、

  • バランスのとれた「食事」
  • 充分な「睡眠」
  • 適度な「運動」

を維持しましょう。

  • 「お酒」の飲み過ぎ
  • 長時間の「スマホ」

には注意が必要です。

平日と同じ「規則正しい生活」を心がけてみてください。

【対処法2】「ストレス」を発散する

「ストレス」の発散

疲れは、取るだけでなく「癒す」ことも大切です。

例えば・・・

  • ゆっくり「お風呂」に浸かる
  • 子どもと「散歩」をする
  • 「読書」をする

など、普段から「自分がリラックスできる方法」を見つけておきましょう。

「人との交流」もストレス発散になります。

  • おしゃべり
  • 一緒に行動

は効果的です。

【対処法3】「楽しいこと」を見つける

「楽しいこと」を見つける

休日は、普段の疲れから「休むこと」ばかりに目が行きがちです。

脳への刺激が少ないと、

  • やる気が出ない
  • 何もしたくない
  • だるい

など「無気力」「眠気」に繋がります。

「楽しいこと」(脳への刺激)が、

  • やる気
  • 行動力

の引き金になります。

(1)「趣味」を持つ

一番のおすすめは「趣味を持つこと」です。楽しみがあれば、休日を楽しく過ごせます。

いきなり趣味を持とうとすると、プレッシャーになりますので、

  • 「近くの公園」に出かける
  • 外で「スポーツ」をする
  • 家で「ゲーム」で遊ぶ

など「家族でできること」を見つけましょう。

(2)「資格取得」の勉強をする

時間が取れるなら「資格取得」を目指して、

  • 「新しい環境」に身を置く
  • 「目的」を持ち、取り込む

ことも脳の活性化につながってよいでしょう。

難しく考えず、

  • 隙間時間に
    「できることから取り組む」
  • いつもしていることを
    「誰かと一緒にする」

このような一工夫をしてみてください。

3.まとめ(休日の「無気力」&「眠気」解消には休息と刺激のバランスが重要)

休日の「無気力」&「眠気」解消には休息と刺激のバランスが重要

無気力な日々が続くと、

  • 「家庭」「仕事」に支障が出る
  • 「平日」もやる気が出なくなる

など、不調に繋がる可能性があります。

休日の「無気力」「眠気」を解消するには、

  • 体を「休ませる」
    (疲れを取る、癒やす)
  • 脳を「活性化する」
    (楽しいことを見つける)

のバランスが重要です。

まずは、

  1. 「規則正しい生活」をする
    (食事、睡眠、運動など)
  2. 「ストレス」を発散する
    (リラックス法、おしゃべりなど)
  3. 「楽しいこと」を見つける
    (趣味、資格取得など)

など、できることからはじめましょう。

「イライラ」で困っているママへ
先輩ママおすすめ!「イライラ解消法」
子育ての「イライラ解消法」3選!
妊婦の「苛立ち解消の方法」とは?

「主人」が居るだけで正直ストレス!

「主人在宅ストレス症候群」かも?
「育児への感情」を抑えられない!

赤ちゃんに「すやすや寝てほしい」

赤ちゃんが「寝てくれずイライラ」

イライラで「体調がおかしい!」
心が壊れると出る症状とは…?