うるさい高音耳鳴りの対策方法【原因と改善方法を解説】

うるさい高音耳鳴りの対策方法

本記事で紹介する内容
1.高音耳鳴りの「特徴」
2.高音耳鳴りの「原因」
3.高音耳鳴りが「体に及ぼす影響」
4.耳鳴りの「4つの対策法」

あなたは、耳鳴りが起こるプロセスをご存知でしょうか?

耳鳴りを放置しておくと、音が聞こえなくなる可能性があります。

1.高音耳鳴りの「特徴」

耳鳴りは、主に次の「4つ」に分けられます。

  1. 低音型:「ゴー」「ボー」
    (耳が詰まった感じ)
  2. 雑音型:「ジジー」「ザー」「シュー」
  3. 単音型:「ブー」「リーン」
    (一種類の音)
  4. 高音型:「キーン」「ピー」
    (甲高い金属音・電子音)

「高音耳鳴り」は、4の「高音型」です。

2.高音耳鳴りの「原因」

  • 耳鳴りの聞こえ方
  • 併発症状

で、耳鳴りの原因を判断できます。

【原因1】「加齢性難聴」

高音耳鳴りは、「加齢性難聴」の可能性が高いです。

聴力は、「小中学生の時にピーク」に達し、年齢とともに衰(おとろ)えます。

振動を電気信号に変える細胞が老化し、高音の信号を脳に上手く伝えられなくなります。「高音を無理に聞こう」とすると、鼓膜を大きく振動することになり、耳鳴りが発生します。

【原因2】「聴神経腫瘍」

高音耳鳴りが徐々に悪化して、

  • 難聴
  • 浮揚感
  • めまい
  • 頭痛

などを頻繁に起こす場合、「聴神経腫瘍」の可能性があります。

「聴神経腫瘍」は、最終的に「音が聞こえなくなる」恐ろしい病気です。

3.高音耳鳴りが「体に及ぼす影響」

高音耳鳴りが「体に及ぼす影響」として、病気を紹介します。

(1)脳梗塞

高音耳鳴りと同時に

  • 寒気
  • めまい

がする場合「脳梗塞」の可能性があります。「脳梗塞」は、脳内の血管が詰まり、脳の機能が正常に働かなくなる病気です。

特に、

  • 高血圧
  • 高脂血症

といった「生活習慣病」を患っている場合、耳鳴りは危険なサインです。

(2)ストレス

  • 「ストレス」→「耳鳴り」
  • 「耳鳴り」→「ストレス」

の両方のケースがあります。

また、

  • 頭痛
  • 吐き気

を誘発させる場合があります。

耳鳴りが長期間続く場合は、早めに病院に行きましょう。

4.耳鳴りの「4つの対策方法」

耳鳴りの「4つの対策方法」を紹介します。

【対策1】耳引っ張り&ツボ押し

1日に1回、

  • 耳を「後方にひっぱる」
  • 「神門」というツボを押さえる

ことで血流を良くすることで、耳鳴りが改善する場合があります。

【対策2】片鼻呼吸法

ヨガの一種ですが、血流と気の流れを良くし、耳鳴りを改善する呼吸法です。耳鳴りだけでなく、

  • 顔全体

への効果が期待されます。

【対策3】禁煙

喫煙による脳の血流悪化が原因の場合があるため、禁煙が効果のある場合があります。

【対策4】便通の改善

便通の改善により、血流改善効果があると言われています。

まとめ(血流改善により、高音耳鳴り効果が期待されます。長引く場合は病院へ)

耳鳴りは、血流をよくすることで改善が期待できます。

  • 耳引っ張り
  • 片鼻呼吸法
  • 禁煙
  • 便通の改善

などの方法があります。

高音耳鳴りを放っておくと最悪「音が聴こえなくなる」場合もあるため、十分に注意し、早めに病院に行きましょう。