赤ちゃんが寝てくれずイライラ【その原因はママにあり…?】

赤ちゃんが寝てくれずイライラ

本記事で紹介する内容
1.赤ちゃんお願い、「寝て!」
2.「気持ちを切り替えたら」笑顔が…
3.「赤ちゃんへの態度」に変化が!

赤ちゃんが生まれると、今までとまったく違う生活になります。

「自分中心」の生活

「赤ちゃん中心」の生活

に変わります。

赤ちゃんが小さいと、

  • 「朝か」「夜か」は関係なくなります
  • 小さい赤ちゃんは「よく泣きます」
  • なかなか「眠ってくれないこと」
    もよくあります
  • 「疲れてしまいます」

1.「イライラ」赤ちゃんお願い、寝て!

私は、赤ちゃんが「なかなか寝てくれず」本当に困りました。

  • 疲れている時に、
    赤ちゃんが「泣き始めたり」
  • ぐずって、「眠ってくれなかったり」
  • クタクタで、そのまま
    「眠りそうになった」ことも…
  • 「つらい気持ちを押し殺して」
    育児をしていました

ふと隣を見ると、主人は「のんきに眠っていました」。それで、余計に「イライラ」してしまいました。

自分が疲れていると、早く赤ちゃんに寝て欲しいと思って焦ります。でも、そのような気持ちは、赤ちゃんにとって「逆効果」です。

「イライラ」「焦り」があると、赤ちゃんは寝てくれません。

それどころか、

  • 泣きわめいたり
  • 遊び始めたり…

寝るどころではなくなります。

「一体、いつになったら、
寝てくれるんだろう・・・」

と思うこともありました。必死に、赤ちゃんのお世話をするのは、本当に辛いですよね。

2.「気持ちを切り替えたら」
笑顔が増え、余裕ができた!

寝てくれない赤ちゃんと毎日を過ごすうち、徐々に自分の気持ちを「切り替えられる」ようになりました。

次のように思うことにしました。

  • 赤ちゃんは「いつか絶対寝てくれる」
  • 赤ちゃんが「寝てくれるまで待とう」
  • 「これから~したい」
    と考えるのをやめよう
  • 残っている家事は「諦めよう」

そうしたら、なんだか、

  • 気持ちに「余裕」がでてきました
  • 自然と、赤ちゃんに
    笑顔で接する」ようになりました
  • 赤ちゃんも、
    「安心してくれる」ようになりました
  • 「知らないうちに眠ってくれる」
    ことも増えました

3.「赤ちゃんへの態度」を含め、すべてが変わった!

今までは、何時間も必死になって、寝かしつけようと「イライラ」していました。

自分の気持ちを切り替えただけですべてが変わりました」。赤ちゃんに対する態度や表情も柔らかくなりました。

今までは、寝かしつけるために、次のことをしていました。

  • 「抱っこ」して「歌」を歌う
  • 「絵本」を読んであげる
  • 部屋の中を「歩きまわる」

このようなことをしなくても、赤ちゃんは寝てくれる」ようになりました。

今では、寝てほしい時に、

  • 「オルゴールのCD」をかけて、
  • 部屋を「薄暗く」して、
  • 「ミルク」を飲ませて、
  • 少し「体を揺らせて」

あげるだけで、自然と眠ってくれる」ようになりました。

 

  • 「お気に入りのぬいぐるみ」
    手に持たせてあげたり、
  • 「おしゃぶり」
    口に加えさせてあげたり

するだけで「すぐに眠ってくれる」ようになりました。

created by Rinker
童心(Doshin)

母親の気持ちが「リラックスしていること」が、大切だと分かりました。赤ちゃんの方を向いて、落ち着いて対応するのがコツです。

まとめ(赤ちゃんの「睡眠リズムが整う」までは多少は諦め、リラックスが大切!)

母親になると、

  • 赤ちゃんのことで、精一杯です
  • やりたいことがなかなかできません
  • 赤ちゃんが眠っている時間だけが、
    自分の自由時間です
  • 赤ちゃんには、
    しっかり眠ってもらいたいです

でも、赤ちゃんの「睡眠リズムが整うまで」は、多少のことは諦めましょう。

赤ちゃんが少しでも早く寝てくれたら、
「ラッキー」と思うぐらいが丁度いいです。

赤ちゃんが眠ってくれず、イライラする時は「気持ちを切り替えて」みましょう。

「イライラ」で困っているママへ
先輩ママおすすめ!「イライラ解消法」
子育ての「イライラ解消法」3選!
妊婦の「苛立ち解消の方法」とは?

「主人」が居るだけで正直ストレス!

「主人在宅ストレス症候群」かも?
「育児への感情」を抑えられない!

「イライラが限界!」なんかおかしい

心が壊れると出る症状とは…?