ワセリンで顔がヒリヒリする…「3つの理由」と改善方法

ワセリンで顔がヒリヒリする…

本記事で紹介する内容
1.ワセリンで顔がヒリヒリする「理由」
2.顔のヒリヒリの「3つの解消法」

ワセリンには、油分で肌の表面を覆(おお)い「水分の蒸発を防ぐ効果」が期待されます。

アトピーや乾燥肌など、肌の乾燥トラブルで多く処方されますが「肌に合わずヒリヒリする方」もいます。

1.ワセリンで顔がヒリヒリする「理由」

【理由1】不純物が多い
ワセリンで「油焼け」している

顔のヒリヒリの主な原因として、ワセリンに含まれる「不純物」が酸化し「油焼け」を引き起こすことが挙げられます。

【理由2】毛穴を塞いでしまい、
「肌の通気性」が悪化している

ワセリンは、肌表面に「油の膜」を作る特徴があります。

特に皮脂の多い人は、油の膜により、

  1. 「通気性」が悪くなる
  2. 「肌の老廃物」が毛穴につまる
  3. 「ターンオーバー」がうまくいかない

ことから

  • ニキビ肌の悪化
  • かゆみ悪化

につながる場合があります。

【理由3】ワセリンだけでは
「保湿」が十分にできない

ラップのように肌の「水分蒸発を防ぐ」効果は期待されても、肌に「水分を与える効果」は期待できません。

ひどい乾燥肌の人の場合は、ワセリンのみでは保湿効果が十分ではないことがあります。

2.顔のヒリヒリの「3つの解消法」

【対策1】「保湿剤」の後にワセリンを塗る

乾燥肌の方は、ワセリンだけでは保湿効果があまり期待できないため、

  1. 「化粧水」を先に塗る
  2. 「ワセリン」を塗る

ようにしましょう。

ワセリンが肌を油の膜で包み、保湿効果を高めることが期待されます。

【対策2】ワセリンは「温めて」から塗る

ワセリンは、固形のまま塗ると「厚塗り」に繋がり、

  • 「毛穴」を塞ぐ
  • 「肌」をこすりやすくなる
  • 「落とすとき」に肌に負担がかかる

など「顔のヒリヒリ」に繋がります。

手のひらで温めて、柔らかくしてから塗りましょう。

【対策3】「純度の高いワセリン」を使用する

ワセリンには、次のような種類があります。

  1. ヴァセリン
  2. 白色ワセリン
  3. プロペト
  4. その他(サンホワイト、ワセリンHG)

(1)ヴァセリン

「ヴァセリン」は、薬局でも買える見た目が黄色いものです。

不純物が多いため、「ヒリヒリ(油焼け)」に繋がりやすく、敏感肌の方には向いていません。

(2)白色ワセリン

「白色ワセリン」は、日本薬局法に基づき、医師から処方されるワセリンです。

不純物は少ない代わりに、伸びはあまりよくありません。

(3)プロペト

「プロペト」は、白色ワセリンを精製し、さらに不純物を取り除いたものです。

  • 比較的、安全性が高い
    (赤ちゃんにも処方される)
  • 純度が高い
  • やわらかく、塗り広げやすい

特徴があります。

(4)サンホワイト、ワセリンHG

  • サンホワイト
  • ワセリンHG

も、純度が高く、比較的安心して使えます。

肌荒れやヒリヒリの経験がある方は、

  • 白色ワセリン
  • プロペト
  • サンホワイト
  • ワセリンHG

などに変えて様子を見ましょう。

【対策4】「使い方」に気をつける

「白色ワセリン」は、不純物は少なめですが、ゼロではありません。わずかな不純物で肌がヒリヒリする場合があります。

  • 「夜間」メインで使う
    (日中使用はできれば避ける)
  • 「使用期限」を守る
    (酸化、劣化したものを使わない)
  • 「スプーン」を使う
    (雑菌が入らないようにする)

など工夫して使いましょう。

まとめ(不純物が多いワセリンによる
「油焼け」でヒリヒリします)

ワセリンで顔がヒリヒリする原因は、

  • 不純物が多いワセリンで
    「油焼け」している
  • 毛穴を塞いでしまい、
    「肌の通気性」が悪化している
  • ワセリンだけでは
    「保湿」が十分にできない

ことが原因と言われます。

  • 「化粧水」を先に塗る
  • ワセリンは「温めて」から塗る
  • 「純度の高いワセリン」を使用する
  • 「使用期限」「使うタイミング」
    に気をつける

を心がけ、効果的に使用しましょう。

「アレルギー・ニキビ」のママへ
「ニキビ改善方法」を知りたい!
あなたはどれ?ニキビ種類診断
はちみつパックでニキビ悪化?

「炎症を抑えるお茶」について知りたい!

炎症を抑えるお茶の私の体験談
おすすめルイボスティメーカー